音・岩・光

タグ:Violin ( 65 ) タグの人気記事

23022017

ギター棚やクライミングロープマットもそうだけど仕事も充実の2月。チェロのブッシングにフェルールの作成などなど、おまけに弓の講習まで行かせてもらって、そこで(ではないかもだけど)風邪までこじらせて。。。


c0238497_09282229.jpg
c0238497_09282251.jpg
完成後の試奏では、名だたるチェロ協奏曲の冒頭を聴くことが出来て感激





c0238497_09324102.jpg
Misaoさんがいないと体調管理が、ね
エネルギーを使ったのか、水分が少なかったのか、異常な体脂肪数値をたたき出したTANITA
復帰最初のジムでは体が軽い軽い




[PR]
by Tashinchu | 2017-02-23 18:00 | Instruments | Comments(0)

024012017

少し前の記事で作った鉋の革袋のリベットボタンを入手して取り付け。あれ?革の色が違うと気づいた人は流石。実は鉋は大小2つあるので、2つ革袋を作っていたのです。こちらは小型の鉋とその袋。リベットにする予定だったけど、リベット取り付けの工具を買わないといけないので、これだけの為にわざわざ買うのはと思い、羽折式のマグネットボタンにすることに。磁力もしっかりあって、これでようやく鉋袋は完成。


c0238497_09515939.jpg






[PR]
by Tashinchu | 2017-01-24 21:00 | Instruments | Comments(0)

08012017

今年は正月休みをたんまりもらえたので、色々な工作や作業を進めることができた。全ての道具を持参できなかったけれど、実家にも色々そろっているので問題はなく、スムーズに諸々を完了させられたのは嬉しい。いわゆるのところの事情で、刃渡りのある刃物を持ってこなかったために借りた父の片刃ナイフ。やはり父の研いだナイフの切れ味は良い!

c0238497_10451170.jpg
駒の飾り切り用ナイフの鞘
ヴァイオリン横板と黒檀を使用


c0238497_10454214.jpg
初挑戦で色々バタバタしたけど、鉋バッグ
加工用の道具が揃ったので、今後は革代だけで進められるのが嬉しい
蓋を閉めるリベットボタンを探し中


c0238497_10454100.jpg
黒毛で弓の毛替えを行なった
見慣れないけれど、弦への食いつきは白とは別物
次回は金属磨きを忘れずに持って帰ってこよう
そして先端チップも交換しなければ






[PR]
by Tashinchu | 2017-01-08 13:00 | Instruments | Comments(0)

23122016

前にも書いた通り、12月はキャンペーンをやっていて色々忙しく作業・仕事を行うことが多かった。弓の毛替えはお客さんの応対もしながら4時間で3本こなしたり、スピードが質に影響しては意味がないんだけど、レベルも上がってきているような気がする。まだまだ意識して、そして集中して行なう必要があるけれど満足してないのは伸びしろがあるということだし、満足したら成長は終わるのでこのままキープして行こうと思う。


c0238497_13040390.jpg
毛替え


c0238497_13023341.jpg
箱開け



c0238497_13023491.jpg
パッチ貼り


c0238497_13023489.jpg
革巻き交換



そんな中、気になるニュースが。
ローズウッドの輸出入の際してワシントン条約にからむ規制が来年から始まるとのこと。代理店さんに聞いてみると書類の量が増えるだけで、今のところ輸入に関しては問題ないと返答があったり、同業者は個人輸入の木材が停まっているとか発信していたり、今後が気になるところ。それを見越してなのか、ツゲでもローズウッドでもない新たなフィッティングを卸さんが紹介してくれた。Plum(スモモ)なんだそう。かなり軽いけれど身は詰まっているのだろうか、音はどう変わってくるんだろうか、気になる!


c0238497_13023329.jpg




[PR]
by Tashinchu | 2016-12-23 18:00 | Instruments | Comments(0)

13122016

c0238497_13415846.jpg

仕事先では冬の感謝祭の一環として弓の毛替えキャンペーンも行っているので、ほぼ毎日弓の毛替えがある。他の庶務も兼任しながらなので、両手が塞がっているときに電話が鳴ってみたり、お客さんがやってくることもあるけれど、もし今後独立した時のことを考えると、いいシミュレーションにかわりはない。
とりあえず100本くらい毛替えをしてみて、やっとおぼろげに毛替えのいろはのいが判りかけるくらいと教わったけど、確かにその通りでまだまだ奥はとんでもなく深い。弓も色々で、もともとの個体の性格や、演奏者がどんな風に弓を演奏・管理してきたかが何となく判るようになってきたのは嬉しい。

c0238497_13434452.jpg


そんな中、クライマーでありヴァイオリンも弾く、N海さんが毛替えにやってきてくれたのは12月の頭のこと。以前に楽器の調整もしてくれて、旦那さんがヒマラヤ遠征に行ってる間は、音楽に集中すると話してくれた。一軒家(だったかな)に引っ越したこともあって、今後はピアノを入れる予定もあるらしい。N海夫妻は共に楽器をするみたいなので、今度ジムだけでなく音楽会もしたいなぁと思いは膨らむのでした。そう言えばM夫妻のBlogとSNSが更新されてないよねという話にもなったけれど、こちらも欧州遠征中だったようですな(と後日確認)。


c0238497_13261841.jpg
c0238497_13261839.jpg



砥石が薄くなってきたので、うちの両刃包丁用に研ぎ器を作ってみた。試作品なのでV字の角度や台座の大きさなどなどを今一度調整する必要があるけれど、プロトタイプにしては元の包丁よりも切れ味が上がってくれたし、もしかしたらこれで十分かもという気持ちにもなる。時間があればメイプル材にニスを塗って、らしいモノに仕上げてみるのもいいかも知れない。



[PR]
by Tashinchu | 2016-12-13 09:00 | Instruments | Comments(0)

04112016

c0238497_08433284.jpg

恒例となってきた文化の日周辺の九段下詣で。仕事前に行ったので、会場から1時間だけしか居られなかったけれど、でもそれくらいの時間だけで充分なのかも知れないと思った。

弦楽器フェア2016の会場は、日本武道館の横にある科学技術館で毎年行われている。弦楽器フェアもいいけれど、文字通り科学的なことを展示しているそちらのイベントも非常に気になった。入口横のお土産屋さんでは、子供用の宇宙服(船外用ではないけど)が売られており、スペースシャトルシステムの乗組員の写真で彼らが着ている、オレンジ色のアレが精巧に子供服になっているとかなり格好良く見えた。誕生日でもあるし、初の甥っ子へのプレゼントでも、と考えたけれど値段が値段なのでスルー。

学校時代の先生やスタッフ、代理店の営業の方たちとひと通り挨拶を交わして、目当てのペグセットを探す。4本で1,000円のツゲ材ペグを手に入れることが出来た。ぼっそぼそなんだろうけれど、音がどれくらい変わるのかだけでも判れば儲けものなので時間があるときに試してみようと思う。

会場は初日の開始直後だったこともあって混んではおらず、快適に会場内を周ることが出来た。日本弦楽器製作者協会会員製作作品やそれぞれの出店が展示する、楽器を熱心に試奏している姿はいつもの通りで、騒がしい中でも音の良し悪しは判るのだろうかと考えてみたりするのもいつもの通り。風物詩といえばいいのかも知れない。

今回の収穫は、そのツゲ材ペグと次の月曜日にある講習会の情報をGetできたことだろう。月曜日が休みでよかった。

[PR]
by Tashinchu | 2016-11-04 10:00 | Instruments | Comments(0)

26102016

幸運なことに、有名製作家のオールドイタリーをクリーニング&弾く機会があった。この楽器には松脂がこびりついていて、表板ニス面上の居心地が相当に良いらしく、合計10時間ほど掛けてようやくオリジナルニスの輝きに辿り着く長い道のりを必要とした。

調整&クリーニング前の音の状態とクリーニング後のそれはまるで違っていて、毎日のクリーニングの大切さを再確認。無駄なものは「着けない・付けない・残さない」がやはりベストなんだという思いが強くなった。通常のクリーニング方法では全く歯が立たない、クリーニング大好きのスタッフが取り組んでも駄目だったくらいの頑固な松脂堆積について、どのようにそれを落としていくかの経験や方法も編み出せたので収穫三昧の2日間である。その後の指の凝りは凄まじいものだったけれど…。


c0238497_09312699.jpg

調整後に持ち主が試奏してくれて、それがやっぱり上手いんだわ、微細な指摘を音として表現してくれるのに感動しきりだった。例えば、駒足が合っていなければ隙間があるのを視覚的に認知できる、というように耳からくる感覚的なものよりも、視覚に訴えられるとそちらに注意は向ってしまいがちだ。けれども、自分が試奏したときには感じられなかった更にワンランク上の音が、彼の演奏能力をもってすると引き出せそうなんだけど、「引き出せていない(けど良い)音」として現状が出てきているのを耳にすると、この音と職人サイドが思う現状セットアップとの因果関係がよりクリアになってくる。

今回の場合でいうと、既に駒の高さが足りないので、これ以上のハリやコシといったテンション感を音に加えるのは既築のセットアップでは(他にも色々あるけど)難しいと、演奏をしなくても数値を使って理論的に導き出すことはできる。ただ、それを音として提示されると理論的/物理的要因を逆説的に感じられて、原因と結果がひとつの線としてバチッと繋がってくる。この体験は凄く価値のあるものだった。同時に、もっと自分の演奏技術を上げないと、そこに気付けないよとも突きつけられたんだけど(まぁ、演奏家と二人三脚で突き詰めていけば良いところではある)。そして、アプローチは違えど突き詰めると結果として同じ答えに行き着く点も興味深い。



最近はいい音のする楽器に触れていなかったので、久々に豊満で潤沢に贅沢な音を感じられてリフレッシュできたし、この楽器と自分の楽器とを比べて何が音的に違っていて、構造的にまた物理的に何をどうすると理想の音に近づけるのか(またその限界)についても、いくつかの方法がみつかったのでおいおいそれを試してみようと思った。きっかけがあると行動に繋がるけど、それがなくても行動できる人は凄いと思う。

[PR]
by Tashinchu | 2016-10-26 17:00 | Instruments | Comments(0)

28092016

c0238497_08151164.jpg


処分するなら下さいの流れで、ひょんなことから手に入れたマンドリン。エラリィ・クイーン著「Yの悲劇」に登場する、前代未聞の凶器(鈍器)はこれだった。そして犯人は意外な人物で、、、と書くと、探偵推理小説ランキングで常に上位に食い込む本作のネタバレをしてしまうので未読の人の為に言わないけれど、この作品は僕の中でも常に不動の1位を誇っております。

ギターとヴァイオリンの中間のような位置づけのマンドリン。弦はスチールで、風貌はサウンドホールやフレットがあるのでギター(リュート)に似ている。でも、弦は4本(ダブルなので8本だけど)だし、チューニングはギターの完全4度ではなくヴァイオリンと同じ完全五度で、しかもマンドリンの4音程は、下からソ・レ・ラ・ミとなりヴァイオリンと同じになる。この辺が中間の位置づけに感じる所以だ。

ヴァイオリンで音階(音程)の指使いを覚えづらい人は、フレットが打たれたマンドリンで最初に覚えると少し楽かも知れない。結局のところ覚える量は倍になるし、覚えないと運指どころの騒ぎじゃないんだけど、ヴァイオリンでいうところの指番号の上下動がどうなっているのかとか、ポジションを移動した際にどんな転回をしてスケールが進むのかを、フレットを見ながら視覚的に認識できるので理解は増すと思う。

で、私がこれで何をするかというと、誰かを撲殺する訳ではなく、ただ普通に演奏する、という訳でもない。演奏はのちのちすると思うけど、その前に重大な症状が。

c0238497_08151141.jpg


弦を調律音程で長らく保管していたので、相当にネックが起き上がってきております。いわゆる順反りなわけですが、ギターのようにトラスロッドも無いし、弦高は共に5mm!もあるんだから、ブリッジ削っても対応できないのは明白。ということで、興味本位でこれから指板を外して、ネックを削ってみようかと思うのです。接着剤だったら指板外しの段階で板が割れるだろうし、結構な量を削るので完成してもオクターヴピッチが正確に出るかは微妙だし、色々克服できるか判らない難題は山積だけど、駄目だったとしてもせめて構造が少しばかり判れば儲けものだろう。見事に修復できたら演奏に使っていこうと思う。



[PR]
by Tashinchu | 2016-09-28 21:00 | Instruments | Comments(0)

21092016

相方の誕生日は、無意識の内に何かを身構えているというか準備しているのか、良いように進むことが少ない。

Canmoreでランドリーを済ませ、ヨガに行くMisaoを降ろして、自分はBanffで所用を数個済ませたのちKenjiさん宅へ。初めて着たけれど、デカイ!そして楽器がわんさかある。ひと通り全部弾くだけで1時間掛かるような充実振り。これがSNS上で見ていたあの空間か!と感動。ここでも音楽の話をして、ヴァイオリンを習っている娘さんの楽器の健康診断。状態は良く、でも更にブラッシュアップできるので、道具を持ってくれば良かったかもと思った。シアトル(USA)経由だったので、没収されるのは困るからやめたんだけどね。

もしBow Valleyでヴァイオリン人口が増えたら、仕事が出来るなと感じた。知り合いの子供達全員に分数楽器を買ってもらって、アンサンブルしたら面白いと思うんだけど、自然と山に囲まれたここではOutdoorアクティヴィティの方が魅力的だよなぁとか言うのも十分理解できる。色々あって、アズカズの結婚式のあとにアイネクライネを合奏することになったのもここでの縁で、また今度来たときにはカルテットとかも演奏したいなぁと、カナダで演奏するのは色んな意味で心が踊る。




Canmoreに戻って、今度はThe Cave Bouldering Gymへ。元々あった場所に行ってみたら、全く違うお店になっていて唖然。記憶違いか?と、周辺をグルグル周ってみてもジムの看板やそれらしき人が乗るようにカスタマイズされた車が駐車場に止まっていることも無く。。。すかざずGoogle Mapsの力を借りてみたけれど、同じインダストリーエリアの道じゃないところにスポットが来る有様で、「なんだよ!そのスポットは草むらだし、僕が知りたいのはジムの場所なんですけど!」と、待ち合わせの時間に大幅に遅れていることもあって焦りに焦る。人に聞いてみようにも、工業区域なのであまり人もおらず、何とか探して見つけた人に聞いてみると、直ぐ隣の区画へ引っ越していたみたい。

えぇ~、、、Google Mapsさんが示していた、まさにその草むらの位置にちゃんとありました。さーせん。


c0238497_10542317.jpg
ご褒美になんだろうか、ちょうど虹がかかってくれたり




Hugoと一緒にセッションを。Vsionのときのように、番号順に段々とグレードが上がっていくテープが懐かしい。#1から始めて#14くらいでお腹がいっぱいに。一応#12くらいまではオンサイト。パンプの進行が遅いのは湿気が影響しているのか、以前感じたことが再燃。Hugoは自身が作った課題をずっとトライしていた。私は足が切れるところのホールドで止まる気がしません。Hugoの大好きそうな、大味な課題。この日最後のトライで見事にSent。Niceです。






Akoさんとの間に生まれた愛娘の迎えの時間まで登って、一旦別れる。このあとにはMisaoのBirthdayパーティで3人揃ってまた会う約束になっている。会うまではHugoがパパというのが何だか信じられなかったけれど、話し方や単語と話題のそこかしこに家族の時間が織り込まれてくるところに、パパになったんだなぁとしみじみ感じたセッションだった。時間の長さではなく、濃さが関係を深める。


この日は、午前中にSobeysでSonnie Trotterに偶然出会ってみたり。朝のヨガに行ってたMisaoの講師は奥さんのLydiaだったりしたのかな?と聞いてみたけど、違ったみたい。去年の訪日のこと(ジャンボさんによろしくとのこと)とか、この夏のAlexander Megosのこととか、世界的なクライマーにひょいとスーパーで会えて話が出来るのがCanmoreの魅力。


c0238497_11140652.jpg
顔の小ささとスタイル(身長)に注目




c0238497_11085126.jpg
ミーハー全開のわたし
もちろんチートしてますが

c0238497_11213589.jpg
通常はこうなりますな







[PR]
by Tashinchu | 2016-09-21 16:30 | Music | Comments(0)

24072016

c0238497_20532867.jpg



久々のカメラマン。音楽教室発表会の撮影を依頼された。演奏は聞けるけれど、ちゃんと写真を撮らなきゃで、い
い緊張のまま演奏会は終了。独りで弾くのもいいけど、ピアノと小曲を演奏したくなった。

[PR]
by Tashinchu | 2016-07-24 14:00 | Live/Concert | Comments(0)