音・岩・光

カテゴリ:Camera( 1 )

09082014

カメラの液晶カバーが突然外れ落ちた。特に衝撃を与えたわけでもなく、きっと気温と湿度の変化によるものではないかと思っているが、真相は判らない。何とも突然に訪れた衝撃のひとときだった。ボディ側とネジか何かで留まっているかと思いきや、接着剤で固定されているだけだったことにちょっと驚いた。

c0238497_08352030.jpg
以前行なわれていたUpgradeは、ここの部分をサファイアガラスにするということだろう


ここでがっかりしても仕方がないので、修理に出すのも面倒だし自分で何とかすることにした。まずは液晶カバーに付いた接着剤(ゴムのような素材だった)を綺麗に落としていく。液晶に面するカバーの内側には絶対に触らず、埃なども乗せないようにないように細心の注意を払って取り除いていく。これは比較的簡単に終了。お次はボディ側の接着剤残りの除去である。



c0238497_08352561.jpg
よくよく見ると接着剤の塗りムラがみられた




こちらでも液晶には触らず、ゴムのような接着剤残りを取り除いていくのだが、カバーが乗る土台とカバーの外枠の間に凹みがあり、そこには埃がたまっていて(溜めるシステムなのだろう)、液晶に微細な塵が少し乗ってしまった。小型であっても掃除機は使いたくないので、カメラの液晶側を下にしてブロアで吹いて、液晶上の塵を落とすことに成功。接着剤も綺麗に取れて、両面の清掃が完了した。その後、強力な両面テープを2mmほどの幅に切り、カバーの縁に四角く1周するように貼って、ボディの土台部と接着をし完成をみた。


c0238497_08353339.jpg
埃の進入は見られず一安心



いわゆる応急処置なんだろうけれど、誰に売りつける訳でもなく、壊れても部品がある間は使い倒すつもりなのでこれでOKだろう。日本の夏だからこそ撮りたい1枚があるので、それに駆り出せることのほうが嬉しい。なかなか真鍮部が出てきてはくれないが、これからも大事に使っていこうと思うのである。



[PR]
by Tashinchu | 2014-08-09 18:30 | Camera | Comments(0)