音・岩・光

12042017

Canada時代にHa Ling Peakへ一緒登った(スクランブルで)Meganが日本へやってきている。今度は一緒にTOKYO観光をしようということになって、この日は1日都内をぐるぐる回った。前日は冬の雨だったので、この日を選んで正解だったと思う。さすがはカナダ人、前日の冷たい雨の中(と言っても雪じゃないから平気だったんだろう)、Rainジャケットで赤坂御用地や原宿・新宿都庁へ観光をしてきたようだった。

前々日くらいに成田空港から都内のホテルまで、独りでManageしてやって来れたとMeganは話してくれて、看板・Signの英語表示/アナウンスはどうだった?と聞いてみたところ、「結構Friendlyだったよ、完全な迷子にはならなかったから」と、東京五輪への準備はそこそこ進んできているんじゃないかと感じられた。僕自身は、英語の案内はもう少しあってもいいかなと思っていたので、ちょっと安心。ただ、差が激しいことは彼女も指摘していて、同じ地下鉄なのに液晶がないことや英語アナウンスがないことなど、「???」が浮かぶことがあったんだそう。これは多分、都営なのか市営なのか、JRに乗り入れているか否かなどで変わってくるので、如何ともしがたい気はする。

一番Confusedしたのは、駅構内や小売店・レストランなどで「Free Wi-Fi」のサインがあるのに実際はそうでないことだと、一体どうやったらアクセスできるのか聞かれて説明をすることになった。何のことかというと、日本の携帯会社(Docomoやソフトバンク、au)が設置しているあのFree-Wi-Fiのステッカーやサインのこと。これらのキャリアと契約をしていると、確かフリーでWi-Fiが使えるんじゃなかったかと記憶していると説明し、確かに日本語ばかりの看板やサインの中に「Free Wi-Fi」だけが英語で書かれていて、地図や道案内アプリを使いたくてもネットにアクセスできないとなったら「???」となるはずだと。これは何とかした方がいいんじゃないのと、日本人の目には気づきづらい指摘があって興味深かった。


皇居(江戸城跡)→浅草寺→秋葉原→渋谷交差点がこの日のルート。


c0238497_10130725.jpg
c0238497_09433173.jpg
c0238497_10130776.jpg
c0238497_10124626.jpg
c0238497_10123518.jpg
c0238497_09432991.jpg
c0238497_09432916.jpg
c0238497_09433069.jpg

僕らが思うTOKYO観光と、海外(アジアでなく欧米)の観光客が思うそれは随分違っている印象だった。中でも、渋谷スクランブル交差点は、歴史のある東京を巡るというより“今”のTokyoを見たい感じがして、観光の目的や動機やその対象への感じ方は違うんだなと改めて思わされた。そして、Mt.Fujiは東京から見えるのか?、見えるとしたら何処へ行けばいい?など、富士山の力はここでも絶大だった。Meganはこの後、京都と中国地方へ向かい、九州からは船で釜山入りするんだそうで、「静岡から富士山が見られるよ、なんせ富士駅という名前の駅があるくらいだから。」と教えてあげると、「ホント!?そこで下車して富士山を見たほうがいい?(←そこまでする必要はないと返答)」などなど、静岡出身の自分にとっては斜め上をいく質問に驚かされた。

今回は試しに地下鉄だけ乗り放題になる1日券を自分は購入して観光をしたけど、地下鉄だけでもそれぞれにしっかりアクセスできるのは凄いと感心しきりだった。ちょっと遠回りになったりもするけど、帰宅して確認してみると千円弱くらい得をした計算になったのでオススメ。次回、誰かがTOKYO観光へ来たときにもバッチリ使えるんじゃないかと思う。



[PR]
by Tashinchu | 2017-04-12 11:00 | Sightseeing | Comments(0)