音・岩・光

03042017

c0238497_14502632.jpg

週末が晴れていたら黒点は真ん中あたりに見えていたはずだったんだけど、日が進むと太陽も自転しているので向かって右へ右へと黒点が流れて行ってしまった。それも悔しいところだけど、それよりもいよいよカメラのAFが微妙になってきてしまったのが怖いところ。AFセンサーが汚れてきたのか、マウント部の接点が磨耗してきたのか。カメラボディ側でF値が表示されずにライヴビューが効かないことも発生してくるようになってきて、一度メンテナンスに出さないと不味いかなぁと感じるようになってきた。まだ保守期間と部品保存があるうちにやっておかないとなぁというところである。

ついでにの話。
もし2日前の土曜日が晴れていたら、アルデバラン食も見られたはずだったんだけど、朝から雨じゃ希望もなくなりますわな。今回の食は日没後直ぐで、しかも月齢も小さく地球照のために月の陰の部分が薄っすら見える中をアルデバランが潜入していくという、これぼどまでに条件の良い食はなかなかないよね!?ってくらいだったんだけど、残念無念。

カメラ機材の今後も考えないとなぁ。。。父が白レンズを持っているとなると、長い目で見てSONYのフルサイズミラーレスがベストかな。それらEFマウントもAF使えるアダプタがあるし、自前のライカMマウントも使えてしかもフルサイズ。α7s系統にしたら、ISSやアルデバラン食に加えてオーロラも動画で撮れちゃうのは魅力だよなぁ~とか、色々考える(だけはタダなので)日々が続きます。そういえば横浜の隣の夫妻もCanonとSonyだった気が。SonyのボディでCanonレンズがオートフォーカスで使えるマウントアダプタがあるのですよ(もしかしたらα7系統だけかもだけど)。

[PR]
by Tashinchu | 2017-04-03 11:30 | Astronomy | Comments(0)