音・岩・光

24032017

週一でしか行けていないベーキャンTokyoジム通いだけど、懸垂バーが設置できたこともあって、体の引き上げは以前よりも楽になることが多くなってきた。一番カブっている壁(最奥の壁は除く)で前回は苦心していた1級課題が、この日は楽々と登れてしまったりで効果がこんなにも早く表れることに驚いている。多分次回で打ちのめされるんだろうケド、、、。

この日はスラブの壁に新しい課題が出来ていたので行けるところまで登って行くことに。4級まではオンサイト、3級からは数本打つ必要が出てきて、1級はボルト穴に指を掛けつつチートして登るのがやっとだった。股関節の柔らかさとハムストリングスの瞬発力が必要な課題なので、これはなかなか大変な労力を要する課題になってしまいそう。

予想は的中で、後日のトライでも立ち込めず敗退。懸垂バーで頑張っていても、足を使う課題は全くその意味を成しませんな。岩とジムは違うからその辺もなぁとか、色々考えることが多い3月のジム通い。



[PR]
by Tashinchu | 2017-03-24 21:30 | Climbing/Hiking | Comments(0)