音・岩・光

12032017

Misaoさんがベトナムで修行中なので、Guitar棚やロープマット(はそれ以前からだったけど)などなど、DIYが進む。しかも向こうは楽しいようで、帰国を延ばしてシニアコースを受けて帰ることが決まったり。この日からの連休では更にあと2つについても進捗がみられ、うち1つは正味1日で完成まで漕ぎ着けることが出来た。3月頭に購入したBrotherのミシン台。

c0238497_09215299.jpg
出品時のようす




この足踏み式のミシン。子供のころに通った音楽教室の窓側にずらりと並んでいたのを覚えている。これがお昼過ぎに届いたので、これを使ったテーブルでも作ってみようかというのが今回のDIY。まず初めに道具と材料を買いに、5kmほど離れたホームセンターへ自転車で買出しに。3kmくらいのところにもあるんだけど、軽トラック貸し出しサービスがないので2kmを上積み。これはこれでいい運動になるので颯爽とペダルを踏んで目的地へ。ギター棚を作ったときにも一度やってきているので、今回は道中がとても短く感じた。ワイヤーブラシ、黒スプレー(水性)、ペンキ、刷毛、1×4や2×4などなどを購入。日曜日なので軽トラ待ちがあるかなと思ったけれど、1台空きがあったのでそのまま帰宅。お店に戻って自転車の鍵を紛失していることに気づき焦る。。。日は傾いていて、サービスカウンターで落し物が届けられていないか確認したら、何と優しい、商品を買ってもいないのにまた軽トラックを貸してくれた。ありがとうございます!無事にスペアキーを家から持ってきて、しかも店に戻る帰路では、大相撲の新横綱の取り組みがラジオで聞けたりの特典が。無事勝ったようで何よりだけど、彼のドヤ顔は苦手でして、ラジオで良かったかもと思ったり。



翌日




c0238497_09453723.jpg


結構な錆とオイル付着が多いこのミシン台からして、棚板を留めているネジを外すのが大変かもと思ったけれど、すんなり外れてくれて幸先は良かった。ただ、踏み足とか回転するところのパーツは全く歯が立たず。仕方がないので、バラさずにそのまま行くことにした。オイルと錆を丹念にワイヤーブラシで取り除いたら、このベージュ色をシックな黒へと変貌させる。


c0238497_09453738.jpg
クランク部のスプレーがけは大変だった




センター入試をやるためにその当日に買った、MorningSun新聞の他の紙面が役立ってくれた。黒スプレーは小型缶を1本既に持っていたので、通常の大きさのを1本買い増しただけだったけど、これがどうして、1.5本全て使い切ってしまい、ギリギリの色付けになってしまった。油性スプレーがベストだけど、ニオイが兎に角とれないのが嫌なので、今回は水性で。ガジガジどこかに当てたり擦れたりするようなものでもないし、色定着の強度は低いけどこれで問題ないでしょう。2.5度塗りしてもその日の内に完全に乾いてくれるのは水性の素晴らしいところ。気温がまだまだ低い日が続くので、虫がくっ付くこともないし(油性じゃないからニオイに釣られて来ないでしょうが)これはスンナリと進んだ。乾燥中には、上に取り付ける棚板を作成し、こちらもペンキで色付けを。


c0238497_09453896.jpg
片付けてから写真を撮りましょう

c0238497_09453856.jpg
軽トラ運搬中に欠けてしまった角
1×4はギリでしか買っていないので。。。




夕方になってから、乾いた棚板とオリジナル時についていた引き出しを取り付けてテーブルが完成。引き出しの色と棚の色が合ってないけど、Misaoさんは何か言うだろうかと不安になりながらも、そしたらまた色をのせれば問題ないので、これにて完成。そんなときにタイミング良くLINE電話が掛かってくるのは流石だなぁと思うのでありました。製作中のミシン台テーブルは帰ってきてからのサプライズにしようと、ギター棚とか他の細々したリフォームの進捗をVideo報告して電話を終了。運よく週明けに不燃ごみ回収日があるので、もともとの棚板をその日に廃棄できた。

結局のところ何に使うか決まっていないけど作ってしまった今回のテーブル。Misaoさんの評価が低いようであれば売りに出すつもり。



[PR]
by Tashinchu | 2017-03-12 13:00 | Craft | Comments(0)