音・岩・光

12022017

こないだからの続き。

コンビニやごみ収集所など方々へ出掛けて揃えたシステムを使って、ようやく作り始めるところまで漕ぎつけた今回のプロジェクト、のような大層なものではないけれど、順を追って載せていこうと思う。準備段階の取っ掛かりから一ヶ月も経ってしまったけれど、2本目も作っていたのと、最終調整をしていた為というのもある。あとはMisaoさんがVietnamへ1ヶ月の修行に出掛けるための準備や2人で遊ぶ時間もしっかりと取りたかったというのもある。ともあれ、これは楽しい作業だったしロープを沢山持っている人は是非取り組んでみて欲しい。



c0238497_09515964.jpg


いきなりこんな感じになるのだけれど、ロープを平面図の線に沿って上下上下に編んでいくところからスタート。ここで何となく完成形が見える人は、The Vsionでそれを見たことがある人たちなんじゃないかと。PDFをダウンロードしたサイトには、丁寧に作り方(編み方)の解説動画も(英語だけど)上がっているので、もちろん参考にさせてもらった。半分くらいまで進むと、ネジに引っ掛けるところに少しばかりの隙間を作って進んで行かなきゃならないと動画にはあった。その隙間をどれくらい取るのか、また前半戦の編みはどれくらいのテンションを掛けて進んで行くのか、初めてなのでとりあえずの勘というかロープとロープの間を想像してテンションを掛け隙間を開けて進んでいった。ここでミスると後々大変なので、かなり緊張。案の定、上の写真では上下上下になっていないところが1箇所あって、折角編んだ60mロープをもう一度解いて1からやり直しという羽目に。。。最初の1ループ目で確認しておいて良かった。←動画でも1ループ目で必ず確認を!と説いています。

正解は1番下に載せておきます。





c0238497_09520084.jpg
2ループ目




c0238497_09520027.jpg
3ループ目



動画では、「30mづつに切って、2つに分けて進めると楽だよ」と言っていたけど、私は60mを何度も何度も何度も何度も引っ張って引っ張って引き抜いて引き抜いてして進めていった。30m×2本の場合、最終的に熱して溶かしてくっ付ける作業が出てくるし、そこは硬くなってしまうのが嫌というのと、災害時に解いて使うことが出来るからね、とかいうのが理由。

3ループ目になると、テンション感と隙間の展望が見えてくるようになって、隙間については次回作の2本(枚)目へのデータを取ることに成功した。スノコの上で行なっていたのでかなり腰と股関節にきたことを考えると、大きなテーブルの上で行なうのがBetterな気がする。



c0238497_09323315.jpg
完成!


おっと、いきなり色が変わってしまったけれど、これは2枚目のFootmat。末端処理を行なって出来たてホヤホヤのもの。写真でも判る通り、右下の角がちょっと飛び出ているので、左上に送って歪みを調整しなければならない感じ。ただこれがかなり骨の折れる作業で、ただ単に5本の束を左上に送れば解決!という風には行かないのがニクイ。編みこむ前に洗濯はしていたけれど、作業を進めていくと手が汚れる=まだ汚れが残っているということで、この後コインランドリーで豪快に洗ってもらいました。そしたら束がバラバラになって、折角の均一性が崩れた…。しかも濡れたことでロープの各パートで一定でない縮みが発生したり…。汚れは落ちたので良しとしよう。そんな訳で、もう一度均一性を出す最終調整を行なって、再度の洗濯の際に5本束が崩れないように、裏側で5本を縫い縛ってようやく完成となりました。次に洗うときはネットに入れて、5本を結束した後で行なうことにしよう。


c0238497_09531984.jpg
c0238497_09531932.jpg

60mロープで大きさがどれくらいになるかは上の1枚目を参照。ちょうど玄関マットに使えそうな大きさになる。1枚目(下写真左)は網目に隙間が出来ているのが判ると思う。なので、2枚目(同右)は少しきつめに編んで行った。ロープの余りはどれくらい出るかというと、共に6mくらい残った感じだろうか。技が進むと、5本束を違う柄のロープで編んでみたり6本束の少し大きなマットにしてみたりと、様々にバリエーションがあるみたいだった。今回は、リタイアロープをいただいたので、持ち主に1枚をプレゼントしてもう1枚はうちの玄関に鎮座することになりました。

という訳で、リタイアロープをお持ちの皆さん、この辺鄙なBlogを訪れる人は殆どいないでしょうが、譲ってもいいよ!という方はご連絡ください!


で、最初の網目が出来上がってないところはどこだ?問題。正解は左上の角です。2ループ目と比べると、上下になってないのが判ると思います。




[PR]
by Tashinchu | 2017-02-12 12:00 | Craft | Comments(0)