音・岩・光

03102016

帰国して1週間たつと、ようやく実生活に支障のないレベルで時差ボケも解消、もとの日本人的生活に戻ってしまった感じがしてくる。向こうで飲んだコーヒーは、水の硬度が違うのか標高の差なのか、はたまた豆が違うのか味が全く違う。Tim Hortonsのコーヒーは2種類買ってきたのに、肝心のKickinghorseコーヒー豆を買い忘れてきたことを空港で思い出したが後の祭り…。Timコーヒーは実家用なので僕らが飲む分はゼロ。僕はそんなに飲まないから、いつものKALDIでも良いんだけど、何か他にもないかなぁと思って、そしたら職場の周りに沢山のコーヒー豆屋さんがあることを思い出し、その中の1軒を今回トライしてみることにした。

c0238497_07180329.jpg


そこまで(僕は)こだわる訳でもないので、ロースト加減や豆の種類はMisaoさんに任せて、言われた通りに深入りの豆を注文。通りまでほんやり香っていた豆の匂いが、店に入った(むしろドアを開けた)瞬間に鮮明なものとなって僕の体にまとわりついてきた。ソフィーが荒地の魔女にのろいを掛けられた瞬間みたいな感じ。豆は今回買ったブラジルの他にも、モカやキリマンジャロ、そしてお店のブレンドなんかがあって、量もそれぞれに用意してくれるのが嬉しい。

Kazuさんに教えてもらったトンガリフィルターも販売していたので、それも購入して帰って来た。うちのドリッパーはもともとトンガリフィルター用だったみたいで、この日になって初めてドリッパーとフィルターの組み合わせが合致したことになる。肝心の味は、上手に入れるとすこぶる美味しいという、スイートスポットがかなり狭い、素人にはレベルアップが要求される豆だった。200gだけ買ってきたので、今度は他の国も試してみようと思う。もちろん他のお店も。


c0238497_07465677.jpg
Tim Hortons Coffee


[PR]
by Tashinchu | 2016-10-03 14:00 | Foods | Comments(0)