音・岩・光

21092016

あとあと気付いたけれど、以前もこの場所で赤ちゃんや子どもも一緒に集うパーティは、どだいアンコントロールなんだよなという経験をしてたよなぁと思い出した。


Misaoの誕生パーティは、FlatbreadというCanmoreのピザ屋さんで18時半から。一応オーガナイザーの私は、最初に行っておくべきだろうということで前のりをしていた。そしたら参加しないことになっているRogers一家が何故かピッツァを食べているではないか!不意の攻撃に何だか訳がわからなかったけれど、おもむろに1冊の絵本を出されて納得。

c0238497_11295278.jpg
彼のFBページより


この本がCanmore図書館にあったのも驚きだけど、ちゃんと読んでもらうためだけに、ピザ屋さんに来ていたことに感動。Hadleyちゃんは赤ちゃんのときにしか会ってないので、本人は「誰この人??」って顔してたし、Fernちゃんにいたっては初めましてなのでキョトンという表情だった。けれど、日本語で書かれたこの絵本の内容を日本語で読んでから英語で説明し始めると、興味を持ったらしく目の輝きが変わったのを見逃しはしなかったのであります。最後にはお礼にピザを一切れいただく光栄に与る私。みんな成長が早い!

HeatherもTrevorもこの本の内容を(日本語を読めないので当たり前だけど)想像でしか判らなかったようで、しかも写真だけからでは?マークが点灯するであろうトーマスの表情の奇妙な変化が解消されて、「いやぁー、ホント助かったよ。何で絵顔から次のページでムスッとするのか判らなかったからさ。」とのこと。彼らが写真を見ながら想像で作ったストーリーと、本来のストーリーの1冊で2度美味しいトーマス絵本が完成したのでありました。なるほど、本をこういう切り口でストーリーだてるのも、自分たちに子どもが出来たら面白いかも、とフランス語とかの絵本を探してみようかと思った瞬間だったり。


c0238497_11280032.jpg
子供達は寝る支度のため、パパと一緒に一足先におうちへ
ママはパーティに参加



そんな会話をしていると予定の時間をまわり、そろそろ参加者が来ても良い頃にはなってきたのだけれど、僕以外誰も来ない。。。13人分の席をおさえているんだけど、と心配になる。しばらくして、この日の主役がTim時代のキッチンスタッフと共に到着。その後は、もうケィオスですわ。来るは来るは、赤ちゃん子どもも含めるとトータルで30人近くになったのではないかと思う。子どももいるし挨拶だけに行くよーという人と、参加表明をしていなかったけれど来てしまった人で、レストランの一角はBusy busyな状態に。

c0238497_11292241.jpg


ちゃんと表明してよ!というのと、そうだったカナダでそれは無理だわというのと、そんな中でもイライラしないで楽しく出来る雰囲気(他のお客さんを含め、ね)。これは良い文化というか習慣というか価値観なんだなぁとつくづく感じた。折角、意思表示をしてくれていたのに席が埋まってしまって、帰ることになってしまった方々には申し訳ないけれど、少しでも会えて話が出来たのは、僕もMisaoも本当に嬉しいし感謝しきれないほど。次回はもう少し余裕を持ってしっかり計画立てておこうと思ったのでありました。多分、会費を明示していなかったのも原因かもと、会計の心配をしてくれる会話を僕にしてくれた人がいたことで判明。確かにそこが一番重要なことだったかも知れない。


引っ切り無しにやってきては帰るパーティだったので、全員の集合写真もないけれど、Misao曰く「こんなにも私に会いに来てくれるとは思ってもいなくて、本当に嬉しいし幸せ。」と。終始ひっちゃかめっちゃかだったけれど、Tim時代のスタッフ、ヨガ仲間、山友だちなどなど、沢山の人に祝ってもらえて、素敵な誕生日になってくれたかなぁと思う。皆さんありがとうございました!



c0238497_11292231.jpg


[PR]
by Tashinchu | 2016-09-21 18:30 | Events | Comments(0)