音・岩・光

28092014

一眼レフと望遠レンズでチャレンジした昼間土星食だったが、やはり1000mmを越えるそこそこ明るいレンズでないと土星を写すのは難しいようだ。雲も無く大気も安定していたので薄っすらと期待していたのだが、800mmレンズでは土星を捉えられなかった。次回の土星食は2024年の7月と12月。7月は今回と同じく昼間、12月は18時からと言うことなので今回よりはハッキリと見えてくれるのではないかと期待している。その頃にはハード面がどれくらい進んでいるのだろうと、わくわくは止まらない。

c0238497_09091339.jpg


同じ日、実家から野菜が届き、冷蔵庫の野菜室が一気に満タンになる。カルボナーラにかぼすを入れて食べてみたが、これが美味しい。こってりとしたパスタソースが、かぼすの酸味であっさりとしてくれる。これは発見だった。大根の葉はゴマ油と一味でふりかけに、きゅうりは味噌ディップと浅漬けにし、茄子は生姜煮びたし的な料理でいただいた。
c0238497_09090337.jpg

[PR]
by Tashinchu | 2014-09-28 12:00 | Astronomy | Comments(0)