音・岩・光

22072014

上海の肉加工工場で、消費期限切れの肉を加工し出荷していたニュースを今朝目にした。Mのマークでお馴染みのファストフード店やアナタとコンビにFMのメニュの一部に影響が出ているようだが、結局のところは防ぎようの無いので、そういうところでは食べないようにするしかないのだろう。はっきり言って百貨店でもスーパーでも表示偽装はあった訳で、局所的ではあるものの、これはもう人々のモラルを信じれば安全な消費活動が出来るシステムには、既に歪が出ているとしかいいようがないと、僕の目には映った。その内、コンピュータがモラル原器的なものになる時代がやってきても可笑しくはないが、笑えない。


そんな中、実家の畑で採れた野菜がちょくちょくと定期便にように届く。これは嬉しい。安心できるし、明らかにスーパーの野菜よりも美味しいのだ。スーパーの商品が美味しくない訳では決して無いが、玉ねぎ、茄子、きゅうり、じゃがいも、とうもろこしにトマトなどなど、鮮度がいいのか土がいいのか兎に角味の違いに毎回驚いてしまう。玉ねぎは甘く、サラダに生で入れても辛くなければ口の中にニオイも残らない。トマトもプチトマトよりも甘く、土のニオイさえ感じられる。とうもろこしは粒立ちがしっかりしていて、噛んだ瞬間に中の果汁(?)が弾け飛んだほどである。茄子とじゃがいもはカレーやシチューに、きゅうりはもろきゅうや浅漬けにしていただいている。


日本の夏の太陽は強烈だが、それを浴びて育った野菜は凄いパワーを持っていると感じるのである。

c0238497_09034140.jpg
c0238497_09034679.jpg
c0238497_20291133.jpg
c0238497_19475565.jpg

[PR]
by Tashinchu | 2014-07-22 18:30 | Foods | Comments(0)