音・岩・光

21072014

週末、しかも3連休の中日の都心は物凄く混んでいる。明日館別館のときから数えて2回目の池袋散策で気付いたのは、池袋と新宿・渋谷に居る東京人の顔がそれぞれに違っていることだった。池袋を歩く人々の顔はこんな感じとイメイジが固まった訳ではないが、新宿や渋谷とは明らかに違うのが面白い。距離にして約10kmも離れていないのに、差というか特徴が生まれるのは人口の多さがそうさせているのだろう。主要ターミナル駅の至るところに宝くじ屋があるところは変わらないようだが。


僕の友人で2013年に結婚したカップルは最低でも4組いて、2組づつ日本とカナダで新生活を送っている。年代も同じなのでアニメや漫画の話が合うのは当たり前で、やはり一番はOutdoor(クライミング・ハイキング)という共通項でつながっていることだろう。北米で登っていた山やルートの話でいつも盛り上がる感じである。最近、何かと会う機会の多いNakazato夫婦と、Team新婚と名づけられた共通項夫婦の日本2組の会合をスタートさせた。


もちろん最初はアウトドア用品店からスタート。一昔前は、原色はあったにせよ、落ち着いた色の服が大半だった気がするが、最近の日本の登山アパレルはカラフルで柄も恐ろしくアパレルアパレルしているのに驚いた。ロッキーを訪れる観光ハイカー客の装備がファッション然していたことを思い出す。機能とデザインの両方とも良くなっていくのは嬉しいし、日本発のギアブランドが育っていくと更に嬉しい(が、それは難しいだろう)と、店内を周りながら感じた。装備は何年も使い込んでいくものだと自分は思っているが、ここにも大量消費経済が入り込んでくるのは、自然を相手にした活動という点からすると、ちょっと違うような気がしないでもない。


その後、雷をお供にやってきた夕立をBOOKOFFへ入店し、寸前のところで交わして雨宿りながら古書を物色。狙っていた獲物は見つからなかったが、いいアイディアが浮かんできたりもした。店内に居ても雨脚が強くなっているのが判るが、予約の時間もあるので雨のようすを見極めつつBOを後にし、この日は海の幸を楽しんだ。話に盛り上がりすぎて、料理の写真はほぼ無い。締めのスイーツで2軒目に繰り出しながら、最後には手作りクッキーと花まで頂いてしまった。僕らは何も用意していなかったので、次回は何か下げていこうと思うのである。いつの日か、4組全てが集うTeam新婚(その頃には新婚ではないだろうが)の会を開いてみたいものだ。


c0238497_10331308.jpg
c0238497_10331777.jpg
c0238497_10332541.jpg
c0238497_10332213.jpg

[PR]
by Tashinchu | 2014-07-20 16:00 | Events | Comments(0)